ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

まさかのコーヒー!?ウォーキングの目的別に合う飲み物とは

約 1 分
まさかのコーヒー!?ウォーキングの目的別に合う飲み物とは

ウォーキングでは脂肪を燃焼し代謝を高めて発汗も良くします。

長時間のウォーキングの前には必ず水分補給を行い、脱水症状を引き起こさないようにしましょう。

ウォーキング前の水分

日々のウォーキングは健康維持や運動能力の向上、ダイエットにも効果的です。

特にダイエットでは毎日20分以上のウォーキングで脂肪を燃焼しやすくします。

このとき体では大量の汗をかいて体に熱がこもり過ぎないように発汗を良くします。

体の中では少しでも水分が足りなくなると脱水の症状を引き起こすことがあるので、小まめに水分を取るようにしましょう。

ウォーキング前の一杯

ウォーキングの前には必ずコップ1杯の水分を取り、より体を動かしやすい体調に整えます。

このときの水分は水ではなく、他の飲み物に代えることでよりウォーキングの効果をさらに発揮できるようにすることもできます。

しかし、お水はいくら飲んでも胃もたれを引き起こさないので、ウォーキング中の水分補給には最適です。

お水はこまめに飲んで体の中の水分を保てるようにしましょう。

おすすめの飲み物はコーヒー

コーヒーには利尿作用があることから運動前の水分補給には向かないように思いがちです。

しかし、コーヒーに含まれているカフェインは脂肪の分解を助ける作用があります。お茶も同様の効果があります。

※コーヒーはブラックが苦手な場合、砂糖はできるだけ使わずに牛乳は低脂肪乳を使ったミルクコーヒーでダイエットの妨げにもならないようにしましょう。

ウォーキング後の飲み物

ダイエットを目的の方には逆効果になってしまうと思われがちな牛乳も、低脂肪乳でカロリーを抑えます。

そして牛乳はウォーキング後の水分補給として飲めば牛乳に含まれるたんぱく質が筋肉への効果もアップしやすくなり、より体を引き締めやすく代謝の良い体作りが期待できます。

体への余分な筋肉が気になる方も、ウォーキングの効果だけでは基本的にムキムキになることはありません。

牛乳は運動後1時間以内に飲んで普段から体を整えやすい体質にしていきましょう。

ウォーキングには豆乳もおすすめ

牛乳は豆乳にしても筋肉への効果が期待できます。

こちらもウォーキングの後に飲んで、タンパク質の効果的な吸収に繋げましょう。

ミネラルウォーターで栄養を摂取

スポーツドリンクでは適度な塩分も摂取できるものの、糖分が多いのでダイエットには向きません。

またダイエット以外にも糖分過多の飲み物は血糖値が上げ過ぎてしまい、逆に運動の能力を下げてしまうことがあります。

そのため、ウォーキングには同時にミネラル等のエネルギー源、カリウム、ナトリウム、カルシウムも摂取できるミネラルウォーターもおすすめです。

しかし外国産のミネラル分が多い硬水は日本人の体質に合わない人も多くおなかを壊す人も多いので、できれば日本産の軟水のミネラルウォーターを摂取しましょう。

飲み物の量の目安

ウォーキング以外でも、人はただ生きて呼吸をしているだけで体の水分は減っていきます。

そして何もしなくても1日に2Lの水分が失われて、ウォーキングで体を燃焼させることでより顕著になります。

水分は胃に負担をかけないものを選び、30分毎に約100~150mlを目安に摂取します。

またウォーキング中の水分補給はのどが渇く前に行い、水分量も自分にあった適量で運動の効果を上げましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)