ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

無理をしない!自分に合ったウォーキングの時間と回数を見つける

約 1 分
無理をしない!自分に合ったウォーキングの時間と回数を見つける

朝のウォーキングは体内時計がリセットされて、1日のリズムが取りやすくなります。

しかし夜のウォーキングも質の良い睡眠に繋げてくれる効果があります。ウォーキングの時間帯も自分に合ったもので継続的に続けられるようにしましょう。

朝のウォーキングの効果

朝のウォーキングは太陽の光をしっかりと浴びて、昨日までの体内時計の乱れをリセットします。

また眠気が残るときにもウォーキングを行えば覚醒効果で目を覚ますことができます。

朝が苦手な人は睡眠に入る時間を早めて朝の時間も早くしてウォーキングを行うのはいかがでしょうか。

朝起きたら太陽は5分程しっかりと浴びて、起きてから1時間以上経ってからのウォーキングをおすすめします。

※ウォーキング前には睡眠中の水分不足も補うためにしっかりと水分を取っておくようにしましょう。空腹の時には予めバナナやヨーグルトで栄養補給しておきましょう。

ウォーキング前にはストレッチもしっかり行い体と心臓に負担をかけないようにしてから行いましょう。

日中のウォーキングの効果

適度に温かくゆっくりとした時間のウォーキングは時間を気にする必要もないのでリラックスして行えます。

自分のお気に入りの場所や公園で脳も活性化しながら行えばよりストレス発散効果も得られます。

時間があれば普段は通らない所を歩いてみたりと五感を意識しながら歩くのもおすすめです。

夏や真昼のウォーキングの注意点

普通に居るだけも汗が湧き出る夏のウォーキングや真昼の太陽が照り付ける時間帯のウォーキングは体力の消耗を早くします。

夏や真昼のウォーキングには日傘等で暑さ対策を行い、水分補給も忘れずに行いましょう。

夕食後のウォーキングの効果

夕食後のウォーキングは睡眠中の脂肪の付きやすさを予防して、質の良い睡眠に繋げてくれます。

朝とは打って変わってゆったりとしたウォーキングで副交感神経を活発にし、1日の疲れもウォーキングで発散して疲労回復にも努めましょう。

デスクワークの人の夜のウォーキングは、日中の体の中の滞りがちな血液をさらさにしてストレス発散にも繋げてくれるのでおすすめです。

ゆったりとしたウォーキングがおすすめ

活発な運動が必要なランニングや比較的早く歩くウォーキングは覚醒作用があり寝つきが悪くなってしまいます。

ゆったりとしたウォーキングで副交感神経を刺激したらストレッチを行って、熱すぎない適温のお湯で半身浴をします。

熱いお風呂よりも長時間入浴できる温度の方が副交感神経をより優位に保つことができます。

体全体を温かい状態に保ったまま、再びストレッチを行い疲れをしっかり取り除きましょう。

ウォーキングの回数の目安

ウォーキングはできれば毎日継続して行い、それが無理なら週に2回のウォーキングがおすすめです。

時間帯も決めてリズムを整えましょう。

※ダイエット目的の場合はできる限り毎日行ったほうが良いでしょう。

週3回のウォーキングで効果がある

1週間あたりの運動(ウォーキングも含む)が1~3回の場合、脂肪の燃焼量は最大限引き出されます。

しかし毎日行えば必ず効果が発揮されるわけでもなく、じっと継続していくためには食事も適度な休養も大切になります。

ウォーキング自体が好きな人や毎日のウォーキングを推奨されている肥満の方、健康維持や体型維持にも無理をするよりは適度に楽しみながらやったほうがおすすめです。

ダイエットも毎日継続して行ったほうが良いものの、自分の体調と合わせて行うか考えましょう。

まとめ

日々のウォーキングは運動・健康効果はもちろん、精神的な健康効果も高まります。

ウォーキングは自分に合った適切な時間と適度な回数で規則正しい生活を送れるようにしましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)