ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

自分の体で心拍数をつかむ &心拍計の測り方

約 1 分
自分の体で心拍数をつかむ &心拍計の測り方

心拍数とは、一定の時間内に心臓が収縮・弛緩(拍動)する回数の事を言います。通常は1分間の拍動数のことを言います。

心拍数も普段から全身に血液を送りやすいように、自分で体の調子から整えておきます。

心拍数とは

心拍数はいつも同じような間隔で拍動しているようで、普段寝ている間、活動している間、運動をしているときでは少しずつ異なります。

特に運動等の活動的な出来事や心の緊張では心拍数は多くなります。このとき私達の体は大量の酸素を体に送り込んで対処しようとします。

運動や緊張状態が落ち着くと心拍数も通常時に戻ります。

心拍数の目安

1分間の心拍数はあまり運動しない人、毎日ウォーキングをする人ではおよそ80~90回です。

一方、マラソンランナーといった長距離選手は60~70回となっています。つまり普段運動をする機会が多い人ほど安静時の心拍数は穏やかな傾向があります。

運動は適度なウォーキングで心臓も元気にして、一度に沢山の血液量を送れるようにします。

心拍数を計る方法

人さし指と中指、薬指を揃えます。手首または首筋に6秒間当てて、それを10倍にすれば心拍数が分かります。

心拍計がある場合は自動的で心拍数を測ってくれるのでおすすめです。

リストウォッチ型心拍計があれば、大幅に心拍数が乱れた時は警告してくれます。

最大心拍数とは

普段の無理ないウォーキングの速さ、距離等の「運動量」を決める目安にも心拍数は重要です。

最大心拍数は、心臓が一生懸命働いているときの脈拍数のことで「220-年齢」で計算します。

例えば、50歳の人の最大心拍数は「220-50=170」で170です。そして50歳の人が心拍数170になるときはギリギリの状態になっています。

ウォーキングは最大心拍数をオーバーしないように、自分に合ったウォーキングペースを作りましょう。

目標心拍数とは

ウォーキングでは自分に合ったペースが分からないときにも、目標心拍数が分かればウォーキングペースを作りやすくなります。

目標心拍数は、最大心拍数×0.6~0.8%で計算します。(60~80%)

50歳の人なら170×0.6=102から170×0.8=136の(102~136)の間になります。

心拍数を鍛える方法

目標心拍数が分かったら、体力や筋力の様子もみて136(50歳の場合)まで上げていきます。

心拍数はウォーキング前とウォーキング中、終了後も計ってウォーキングペースを再考します。

一般的にはウォーキング後の心拍数が5分経過しても120拍、10分経過しても100拍あるようなら運動量を少なくします。

ダイエットに効果的な心拍数

目標心拍数が60~80%であったのに対して、ダイエットには「最大心拍数の50~65% 」を目安にします。

ダイエットには、少なくても20分以上歩いて脂肪を燃焼しやすくします。

最大心拍数は45%から初めて、12週間で60%を目標に毎日続けましょう。

ウォーキングは心肺機能を強化して酸素と栄養の吸収率を上げて、健康的な心拍数を手に入れます。

ウォーキングではスタミナもつけて、普段から疲れにくい体つくりも目指しましょう。

※スタミナをつえるときには「最大心拍数の60~85% 」を目安にします。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)