ウォーキングダイエットの効果はいつ頃から現れるのか!?

約 1 分
ウォーキングダイエットの効果はいつ頃から現れるのか!?

人間の体というのは不思議なもので、太るのには時間は掛からず、痩せるとなるとかなりの時間を要します。

ダイエット経験者なら「本当に痩せるのだろうか!?」と疑問を抱くくらい、成果を得るまでの時間が長く、挫折してしまうという事も多いでしょう。

いつダイエット効果が現れるのかが不透明というのは、ダイエットのモチベーションを下げます。

逆にある程度「目安」が分かっていればモチベーションの維持にもなるでしょう。

今回はウォーキングダイエットの効果が現れる目安や、少しでも早く成果を出すための方法を紹介します。

ウォーキングダイエットの効果が現れるのは、数ヶ月先!?

結論から話すと、ウォーキングダイエットで成果を挙げるとなると、確実に1ヶ月以上はかかると考えていて下さい。

人間は太る時は時間が掛からず、痩せる時には時間が掛かると先に話しました。

又、個人の体重、歩くスピード、歩幅、距離、歩くコースなどによっても効果が現れるのは時期は異なります。

大体の目安としては、効果が現れるのが早い人で約1ヶ月、遅い人だと約2ヶ月〜3ヶ月程度です。

「なかなか成果が現れないからもう諦める」という考えの人は、ウォーキングダイエットは長期的に行うものという思考にシフトチェンジしましょう。

なぜウォーキングダイエットは人気なのか!?

効果が現れるのが数ヶ月先となると、メンタル的に弱ってしまいそうですが、ウォーキングダイエットは人気のある運動です。

その理由は「気軽に行える」という点です。

例えば、1時間クロールで泳ぎ続ける人と、1時間ウォーキングを行う人の消費カロリーを比べてみましょう。

クロールの人は約1200Kcalの消費で、ウォーキングの人は約260Kcal〜320Kcalの消費です。

同じ1時間の運動でこんなに違うのであれば、断然水泳を選びたくなります。

しかし、1時間のクロールを毎日続ける、プール施設に毎日通うためのお金、時間に余裕があるかということを考えると、長続きしない可能性もあります。

と言われると、長続きしないような気がしてきます。

一方ウォーキングであれば、通勤や買い物を徒歩で行うなど、生活の一部として取り入れる事も出来ますし、余計なお金もかかりません。

ダイエット目的の運動としてウォーキングが選ばれるのには、「誰でも継続的に行える」というメリットが大きいのです。

ウォーキングダイエットで早く効果が出したい!

ウォーキングダイエットで少しでも早く成果が出したい人は、以下のような事を意識してウォーキングを行ってください。

・「腕を大きく強く降る」

・「歩行スピードを上げる」

・「ウォーキングコースに坂道や階段を取り入れる」

・「ウォーキング後はタンパク質を摂取する」

この4点を意識して行う事で筋肉量が増加します。

だからと言ってムキムキボディーになる程ではありませんよ。

水泳の消費カロリーが多く、ウォーキングの消費カロリーが少ないのは「運動強度」が異なるからです。

水泳は全身の筋肉を使い、鍛えられます。全身に筋肉がつくと、体内の基礎代謝が向上します。

そうなると、運動時以外でも脂肪燃焼効果が高まり、太りにくい体、痩せやすい体になります。

この仕組みをウォーキングでも応用していくのです。

腕振り、坂道、スピード、食後のタンパク質を意識し、普段のウォーキングの運動強度を少しでも高めて筋力がアップを行う事で、ダイエット効果も早く現れます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA