以外と知られていない空腹時のウォーキングダイエットの魅力!

約 1 分
以外と知られていない空腹時のウォーキングダイエットの魅力!

ダイエット目的でウォーキングに励む人の中には「今から歩くからたくさん食べても大丈夫!」という考えと、「ダイエットを達成する為なら食事を制限する!」という考えに意見が分かれるでしょう。

満腹時と空腹時という双極の状態では、どちらがダイエット効果に期待が持てるのでしょうか。

今回はダイエットと食事の関係について紹介します。

ダイエット効果を高めるには「空腹時」のウォーキングが良い

ダイエット目的のウォーキングであれば、満腹時と空腹時では断然「空腹時」の方がダイエット効果は高くなります。

まず、ウォーキングがなぜダイエットに適した運動なのかを説明します。

ウォーキングは、体内に酸素を取り入れながら行う「有酸素運動」で、その酸素が体内の脂肪を燃焼させるという仕組みです。

運動し始めの時は、「糖質」が運動エネルギーとして体内から消費されていきます。

その後、20分程経つと今度は「脂肪」を燃焼させ、運動エネルギーとして体内から消費されます。

この説明でも分かる通り、体を動かす為には糖質が必要で、この糖質は食事から取り入れます。

しかし、空腹時だと糖質が少なく「低血糖」の状態です。この状態です運動を始めると、運動エネルギーとして、すぐに脂肪を燃焼させるのです。

なので、すぐに脂肪を燃焼させる「空腹時」が、ダイエットには効果的だと言えるのです。

低血糖時の注意点

体内の糖質が少ない時に運動を行うと、すぐに脂肪が燃焼されてダイエットには効率的だと話しましたが、極端な空腹時の運動は危険です。

朝食を食べないで学校に行くと、「授業中の集中力に欠ける」「日中の活動能力が低下する」と言った話を耳にした事はありませんか?

これは低血糖が招く、脳機能の低下が原因なのです。

集中力に欠けるという事は、ウォーキング時にも起こりうることで、思わぬ交通事故にあったり、側溝に気づかずに落ちるといった危険性が高まります。

又、いつもより疲れやすい、頭痛がする、空腹でウォーキングを行ったにも関わらず、ウォーキング後、食欲不振になっているという人は、低血糖の症状なので注意が必要です。

程よい空腹感でウォーキングを行う

空腹時のウォーキングがダイエットには効果的だと分かったのに、低血糖の恐ろしさを知ったら、取り組みにくくなりますよね。

そんな人にオススメな方法は、「程よい空腹感」でウォーキングを行う事です。

ウォーキング前に食べ過ぎてしまうと摂取カロリーが多過ぎて、ダイエットどころではありません。

なので、消化が良く、エネルギー変換が早い食べ物を食べるようにしましょう。

食べ物の例を挙げるとしたら、バナナ1本やおにぎり1個、ゼリー飲料などがオススメです。

食べるタイミングとしては、ウォーキング30分前までに食べると、しっかりと消化も進んでいるでしょう。

更にオススメなのは、ウォーキング前の「ブラックコーヒー」です。

コーヒーに含まれるポリフェノールには脂肪燃焼効果があるので、ウォーキングダイエットの手助けとなるでしょう。

コーヒーに砂糖やミルクを入れてしまうと、余計なカロリー摂取となってしまうので、飲むならブラックにして下さい。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA