ウォーキング効果を高めるポイントは「心拍数」にあり!

約 1 分
ウォーキング効果を高めるポイントは「心拍数」にあり!

日常生活にウォーキングを取り入れている人であれば、「ウォーキングを効率良く行いたい」「しっかりと効果を得たい」と考えるでしょう。

ウォーキングで得られる効果とは、「脂肪燃焼効果」つまり「ダイエット効果」です。

ウォーキングを取り入れている人の多くは、ダイエットを目的とした人です。

今回は「心拍数」を意識する事で、ウォーキングにおけるダイエット効果を高めるという事について説明していきます。

ランニングとウォーキングでは、どちらがダイエットに向いているのか?

ダイエットを目的としているのであれば、ランニングとウォーキング、どちらがダイエットに優れているのかは気になる問題です。

結論から話すと、ダイエットに向いているのかのは「ランニング」です。

歩くよりも運動強度の高いランニングの方が、ダイエットに優れているという事は誰もが分かる事ですが、これはあくまで、ランニングとウォーキングを「同じ距離」もしくは、「同じ時間」行った場合の話です。

同じ1時間を「歩く」と「走る」では、もちろん「走る」方が消費カロリーは多いです。

しかし、ランニングは運動強度が高いので、ある程度運動を行っている人にとってオススメな方法です。

運動に慣れていない人だと、1時間走ると膝や足に負担が大きく掛かったり、心臓も激しく動いて苦しくなります。

ランニングはダイエットには向いているが、運動が苦手な人には不向きな方法と言えます。

運動が苦手な人ほど、ランニングがオススメ

運動が苦手な人はやはり「ウォーキング」がおすすめとなります。

運動が苦手でも、ウォーキングであれば運動強度が低いので長い距離、長い時間無理なく取り組む事ができます。

ランニングやウォーキングは「有酸素運動」と言って、ダイエットに最適な運動だという事は良く知られています。

この有酸素運動がダイエットに最適な運動と言われるのは、酸素を体内に取り入れながら運動を行う事で、脂肪を燃やすという仕組みだからです。

ですが、ランニングは走り続ける事で心臓が激しく動き呼吸が乱れてきます。特に運動が苦手な人ほど、呼吸の乱れ、つまり心拍数が高くなるという事が顕著に見られます。

そうなってくると、体内に酸素が足りていない事になり、有酸素運動ではなく、無酸素運動になってしまいます。

運動に慣れていない人がダイエットにランニングを取り入れると、効果が得られない事が多いのです。

心拍数を意識してウォーキングを行う

運動に慣れていない人はウォーキングの方が効率的だという事が分かりました。

次に、ウォーキングを行う際に意識して欲しいのは「心拍数」だという事について説明します。

先ほど話した様に、無理なランニングは心拍数を高めてしまい、体内に酸素が足りない状態になってしまいます。

これはウォーキングでも同じなので、脂肪燃焼を効率良く行いたいのであれば、「自分の最大心拍数の、約60%前後を保つ」事が大切です。

この60%前後という数字は、体への負荷が強すぎず弱すぎずといった数字です。

ウォーキングでもスピードを速めすぎると心拍数が高まり、無酸素運動に近い状態になります。

かといって、ダラダラ歩いて負荷が弱すぎると、脂肪燃焼効果も弱くなってしまいます。

運動が苦手な人がダイエットでウォーキングを行う際は、心拍数を意識して取り組みましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA