ある「飲み物」がウォーキングダイエットを成功させる!?

約 1 分
ある「飲み物」がウォーキングダイエットを成功させる!?

ダイエットを目的としてウォーキングに励む人も多いでしょう。

歩けば歩くほどダイエット効果は高まる、もちろんそうですが、やみくもに歩いていると、いくらウォーキングと言えど、肉体的にも精神的にも疲れが出てきます。

そうなると「継続性」に欠けてしまい、せっかくの運動も水の泡になってしまいます。

ウォーキングは有酸素運動と呼ばれ、ダイエットを行うには最適な運動の一つです。

しかし、ダイエットに必要な「継続的に行う」という事を実践するためにはちょっとした工夫が必要です。

今回は、ウォーキングでダイエット効果を高めるための、ある「飲み物」について紹介します。

ウォーキング前は「コーヒー」がおすすめ

コーヒーに含まれる「カフェイン」には脂肪を分解する働き、脂肪燃焼効果があります。

だからと言って、ウォーキング中やウォーキング後の水分補給としてコーヒーを飲む事は絶対にしないようにしましょう。

コーヒーはウォーキングの30分前に飲むのがベストなタイミングです。

コーヒーを飲んで30分ほど経過すると、カフェインは血中に含まれます。

そうなると、運動の際のカロリー燃焼量を一気に増加させ、ダイエット効果を高める事が出来るのです。

ウォーキング前のコーヒー摂取で注意すべき点は、砂糖やミルクを入れないという事です。

砂糖やミルクは余分なカロリー摂取になり、カフェインの脂肪燃焼効果を弱めてしまうのです。

ウォーキング前のコーヒーは、「ブラック」を摂取しましょう。

ウォーキング中はしっかりと「水」を飲んで、水分補給を!

ウォーキングダイエットを行なっている人には、「運動中に飲み食いは厳禁」と考えている人も多いでしょうが、それは大きな間違いです。

ウォーキングを1時間行うと、約1リットルの発汗量があると言われ、単純に体内の水分が1リットル失われているという事です。

この失われた水分量はしっかりと補う必要があり、ウォーキング中でも水分補給は必須なのです。

ちなみに、水分不足が起こってしまうと「口渇」「頭痛」「めまい」「吐き気」「脱水症状」「熱中症」最悪の場合は「意識混濁」という症状も見られます。

ダイエット以前に、体調を崩してしまうと元も子もありません。

ウォーキング中でもしっかりと水分補給は行いましょう。

ウォーキング後は「豆乳」を飲んで筋力アップ!

ウォーキング後は筋肉が疲れた状態です。

この状態の時には「タンパク質」の摂取が効果的です。

タンパク質摂取には牛乳も効果的ですが、カロリー面を考慮すると「豆乳」が最もおすすめです。

ウォーキング後に豆乳を飲む事で、水分補給はもちろん、タンパク質は筋力増強の手助けもしてくれます。

筋力がアップすると脂肪燃焼効果も高まるので、ダイエット効果を高める事にも繋がります。

更に、豆乳の成分「大豆」自体にも脂肪燃焼効果があるので、ウォーキングで燃焼した脂肪を上乗せして燃焼させる効果も期待できるのです。

ウォーキング後の豆乳には、脂肪の燃焼効果に加え、脂肪を筋肉に変えるという重要な役割を果たしてくれるのです。

このようにやみくもに歩いてダイエットを行うのではなく、ダイエット効果を高めてくれる飲み物を利用し、効率よくダイエット効果を高めましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA