お腹に引き締めるウォーキングの効果

約 1 分
お腹に引き締めるウォーキングの効果

お腹をひっこませたいとき

その程度はそれぞれあれども、お腹周りを気にしている人は多くいることだと思います。これを解決するにはどうすれば良いのでしょうか。やはりまず考えるのはお腹についた脂肪を燃焼させることですが、どのような運動をすれば脂肪を取り除くことができるのか考えていきましょう。

脂肪の燃焼には有酸素運動

どんな運動でも少なからず脂肪分をエネルギー源として消耗するため減らすことは可能です。しかしその量が微量過ぎるとあまり意味があるとは言えません。それに必死で汗をかいて努力した内容と得られた結果が釣り合っていなければモチベーションも保てず継続していくのが辛くなってきます。そのためできるだけ効率の良い方法で脂肪燃焼を起こしたいものですが、これには酸素の摂取が重要なポイントとなってきます。運動時のエネルギーは主に糖分と脂肪分から供給されますが、どちらから多く供給するかはいくつかの条件があります。基本的には糖分から先に使われていくと考えられているため脂肪分の燃焼は後手となりますが出番が来た時により消費できるようにすると効率が上げられます。ここで酸素が必要とされるのです。糖分と違って脂肪分の燃焼には多くの酸素が必要となるので、呼吸が少なくなるような無酸素運動では効率が良くありません。ハードな運動を思い出せば、筋肉に疲労がたまることが分かると思います。目的に応じて運動の強度は変えてやる必要がありますが、単に脂肪燃焼を目指すダイエットでは有酸素運動が優位となるのです。

具体的なウォーキング方法

ウォーキングは上で述べた有酸素運動の代表的なものです。多くの運動の中でもその負荷は小さく、しっかりと呼吸をしながら行うことが可能です。ジョギング以上に長時間続けることが可能なことからもその効果が期待できます。このウォーキングによってさらに効率的にお腹をひっこめる、つまり脂肪を減らすにはいくつかのセオリーがあります。運動開始時点においても多少の脂肪分は消耗されていきますが、より燃焼していくには30分以上の継続が重要です。さらに、体内に糖分が少ない状態でウォーキングを開始すればより脂肪分をエネルギー源として運動することができるので食事前に行うことで効率が上昇すると考えられています。同様の観点から、事前に筋トレをすることも良いとされています。筋トレのような負荷の大きな運動をすることは糖分の消費や代謝を高めることに繋がるので、その分ウォーキングの時間を短縮することができるのです。

意識をすることが大切

ウォーキングによって脂肪を減らすことができると説明しましたが、ただウォーキングをするだけではお腹周りに特化した運動とは言えません。体全体の脂肪を減少させることでお腹への影響も出てくることには違いありませんが、特にお腹を重点的に痩せたいと思うなら意識を高めることも必要です。ウォーキングに限らず、人体のある特定の部位を意識しながら運動をすることはその部位への影響を及ぼすことに繋がります。そのためウォーキングでエネルギーを消費している最中にお腹周辺の筋肉等に意識を持っていくことでより効果を発揮できるようになるのです。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)