ウォーキングによるダイエット効果

約 1 分
ウォーキングによるダイエット効果

健康的なダイエットの実現

現代、特に若者世代において極端なダイエットによる痩せ体形の人が増えています。様々なきっかけのもとダイエットを始める人がいますが、その方法は人それぞれです。テレビやインターネットにおいても多くのダイエット法が紹介されています。大きく分けて食事調整によるダイエットと運動によるダイエットがあります。一般にとっつきやすいものは食事によるダイエットですが、これには運動に対する苦手意識や特定の食品による簡単なダイエット方法の情報が発信されることに由来されます。基本的に楽をして目的の達成をしたいと思うのが普通であり、できれば苦労無く過ごしたいものです。こうした意識を刺激するように簡単なダイエット方法の情報が出回っています。中には間違ったやり方でダイエットをしている人もおり、健康的ではない痩せ方をしてしまっています。その多くは過度な食事制限によるものであり、体重や見た目が痩せたという結果と引き換えに健康を失うことになっているのです。運動によるダイエットの場合、効率的でない方法でしてしまうことはあるものの健康を害する可能性は低いです。特にウォーキングによるダイエットでは疲れも少ないため運動経験の少ない人でも始めやすいです。ここではウォーキングによる健康的なダイエット効果について言及していきます。

脂肪燃焼

運動をすれば脂肪を減らすことは可能ですが、効率を考えた場合有酸素運動が有利となります。有酸素運動とは呼吸を十分に行いながらすることのできる運動であり、楽な運動とも言えます。激しく動くほうが痩せそうな気がするものですが脂肪燃焼のメカニズムを考えれば納得もできます。体を動かすにはエネルギーが必要となりますが、運動の開始直後には主に糖質がその源となります。そして運動を継続していると糖質からのエネルギーが減少し、代わりに脂質からエネルギーを得ることになります。この脂質が一般に脂肪と呼ばれるものです。しかしただ長時間運動を続ければ良いということではなく、脂質からエネルギーを生み出すには酸素が必要になってきます。そのため体から脂肪を取り除いて痩せる場合には運動しながら酸素が取り入れられる有酸素運動であることが大切なのです。もちろん有酸素運動と無酸素運動におけるエネルギー源は完全に分かれているわけではないのでハードな運動でも脂肪燃焼は行われます。しかし苦労の割に体脂肪は減っておらず効率は良くないと考えられるのです。

効果的なウォーキングの仕方

ウォーキングのような有酸素運動がダイエットに効くということを説明しましたが、さらに効果を出そうと考えるなら、その仕方についても考慮しなくてはなりません。まず酸素が重要なため呼吸が荒れない程度の強度とすること、そして一回のウォーキングでは脂質がエネルギー源となり始める30分以上を目安とすることなどが挙げられます。さらに姿勢を正しく保ったまま歩くことも大切です。

ウォーキングはダイエットに効果的

以上のことから、ウォーキングでもダイエットが可能だと言うような消極的なことではなく、より効果が期待できる効率的な方法であるということがわかります。ダイエットを考えている方は是非試してみてはいかがでしょうか。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)