ウォーキングではダイエット効果なし?

約 1 分
ウォーキングではダイエット効果なし?

ダイエットの方法

ダイエットにも様々な目的や方法があります。何をゴールとしているのかといったことも人によって異なります。体形を気にしてダイエットを始める人も多くいることだと思いますが、そのゴールは見た目で判断するよりも体重として数字で設定していることが多いです。それは非常に大きな体重の減少をしなくては見た目では分かりにくいからであり、また体重であれば変化が分かりやすいといった理由も考えられます。1kg減っただけでは見た目でたいした変化がなくても体重計に乗れば変化したことが一目瞭然です。体重を落とすには食事量を減らす手法や運動量を増やす手法が基本的なものとして挙げられますが、ここでは運動によるダイエットについて言及し、その運動の中でもウォーキングによるダイエット効果についてその意味があるのかどうかなど触れていきます。

ウォーキングによる効果

雑に言えば、ウォーキングによる効果は体調管理にあります。大きく何かの機能を発達させるものではありません。人によっては効果を実感することなく続けていることもあるでしょう。しかし身体への影響はウォーキングでも確実に存在しており、多くのメリットがあります。心肺機能を高めることや筋肉のトレーニング、自律神経のバランスを整えること、ストレスの解消などがよく言われているものです。生活習慣病やメタボリックシンドロームにも好影響を及ぼすため、ダイエットに対しても効果はあります。

ウォーキングでダイエットはできないのか

ダイエットのためにウォーキングをすることはあまり意味がないといった類の情報を見かけることもあります。ウォーキングではダイエットに効果があることは確実ですが、変化が微小すぎた場合は意味がないと捉えることもありこのような情報が出てきています。またウォーキングでは消費エネルギーを高くするのが難しいため短時間しか歩いていない、または短期間しか試さずやめてしまった人などは効果がないと思ってしまうのかもしれません。ウォーキングでダイエットをしようと思ったとき、一番大事なことは長期に渡って続けていくモチベーションを保つことです。またもう一つ勘違いをしてしまう原因として体脂肪と筋肉量の関係があります。日常的に運動量の少なかった人であれば脂肪分が多く、そして筋肉量が少ないことが多いです。このような状態からウォーキングを始めれば脂肪は落ちるものの同時に筋肉が鍛えられ増量していきます。この傾向は運動前の筋肉量が少ない人ほど強く見られます。そうすると体重のみで効果を判断したとき意味がなかったと思うかもしれません。ですがここで諦めなければ、いずれ筋肉の増加が収束し脂肪量の低下が顕著になってきます。また筋肉がつくことにはメリットがあります。筋肉が多いとその分代謝が高まることになり、太りにくい体となり今後の体形維持にも効果を発揮するのです。

継続してみよう

ウォーキングによるダイエットではまず続けていくことが重要です。早くても1か月から3か月は効果が出るのに時間がかかると言われています。諦めずに長い間続けていけるようできるだけ楽しんでできるように工夫をしていくと良いでしょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)