ウォーキングでのダイエット効果は何ヶ月で得られる?

約 1 分
ウォーキングでのダイエット効果は何ヶ月で得られる?

ウォーキング人口の多さ

スポーツの中でもウォーキングをしている人は最も多いクラスに入ります。技術的なことは特になく、つらさを感じることなく続けることができることも人口が多い理由の一つです。またウォーキングであれば高齢の方でもその姿をよく見かけます。それだけ体への負担が少なく、無理のない運動であることも分かります。運動不足が原因で体に不調が表れたような人にもウォーキングが勧められることがあります。ウォーキングをしている人の数は多いですが、それ以上に特徴的なことは動機の多さでもあります。単純に運動を楽しみたいと思い始める人もいることでしょう。また上記したような運動不足解消のために歩き始める人、さらにはストレス解消やリラックス効果を得ようと考え歩いている人もいます。こうした理由の中でも多いのはダイエット目的のウォーキングです。

ウォーキングでダイエット

体脂肪を落とすために運動することを選択するのはとても良い考えであると言えるでしょう。こうして積極的に運動をすればダイエット効果に加えて様々な効果を得ることができるためです。ウォーキングは有酸素運動であり呼吸をテンポよく行いながら運動をすることができます。その際に酸素を大量に体内へと取り入れることになりますが、この酸素の摂取が脂肪の燃焼にはとても有効的なのです。また太る原因には食べ過ぎによるエネルギーの過剰摂取がありますが、身体が勝手に消費してくれる分もあります。これは代謝と呼ばれ、多く食べる人でもこの代謝が非常に良ければ太らずに済みます。これには生まれつきの特性なども影響しますが、人為的に高めることも可能です。簡単な方法は筋肉を付けることによるものです。筋肉は特に意識して運動をしていなくても生活をするだけでエネルギーを消費していきます。そのためウォーキングとして運動をして筋肉をつけていけば運動時以外の消費エネルギーを増やして太りにくくするとことができるのです。

効果が出るのはいつ?

ウォーキングによってダイエットをした場合心配になるのがその変化のスピードです。負荷が小さく消費エネルギーが少ない分体重を下げるには時間がかかってしまいます。その分体に無理がなく続けられることがメリットではありますが、なかなか結果が見えてこないと不安に感じてしまいます。そこで効率的にウォーキングをして脂肪燃焼をしていくには空腹時に行うのが良いとされています。これは空腹時の糖質の少なさに由来しており、脂肪を燃やしにかかる時間が短縮されるためです。その上で30分から1時間以上続けると効果的です。これらを守ったとしても1週間や半月ではあまり変化はしないかもしれません。一般的にウォーキングによるダイエット効果は3か月を要するとされているからです。徐々に変化させていくことはリバウンドを防ぐことにも繋がるためゆっくりとした変化をデメリットと考えずに継続していくこと、そして長期間続けていけるようするには楽しむ気持ちが必要です。またウォーキングにはダイエットとしての効果以外にもメリットは多くあります。健康的な体作りが出来ていることを感じながら歩いていくと良いでしょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)