ウォーキングでダイエット効果はあまりない?

約 1 分
ウォーキングでダイエット効果はあまりない?

運動することの意味

運動をしている人にはそれぞれの理由があり、その目的もそれぞれに異なります。特に趣味でスポーツをしている人にとってそれは楽しいからしているのであって、しなくてはならないからということではありません。実はこのような状況ではなくとも人間にとって運動とは本来なくてはならないことなのです。それは人間が最低限体を動かし運動をすることを前提とした作りになっていることが関係していて、運動量にも適量というものがあります。運動の場合よっぽどハードな動きをしない限り過剰な運動量となることはないため、適量というよりは最低限クリアしたい量とも言えます。そしてこの運動をしないといけない理由には体調管理をすることの意味が含まれています。運動をすることで血流を良くし、脳の活性化や筋肉の発達など多くの効果を発揮します。そして運動、呼吸、心拍数などすべてが関連を持って相互に作用しておりどれも完全に切り離すことはできません。何かが極端にかけると様々な器官へ悪影響を及ぼす可能性もあるのです。

ウォーキングをしている人の目的

運動不足などから生活習慣病になることや肥満になってしまうことがあります。これらの予防のための運動としてウォーキングを始めている人がいます。その目的以外に多いものとしてはダイエットのために歩く人が非常に多いです。またダイエットのためにウォーキングをする場合不健康なほど痩せることは通常難しいためとても有効な運動であると言えます。ダイエットの場合脂肪燃焼を特に意識することだと思いますが、この効果を得るにはどれほどの期間続けていくと良いのでしょうか。

すぐに効果は表れない

ウォーキングによってダイエット効果を得ようとするならば長期的に続けていく必要があります。また一回の時間もそれなりに長く取る必要があります。この時間の長さにはいくつかの説がありますが、30分ほど継続すると脂肪燃焼率が上がると言われています。これはエネルギー消費を脂質からするには時間がかかるためであり、運動開始時には糖質から優先される傾向にあるからです。では期間的にはどれくらいを見ておかなければならないのでしょうか。これには個人差が非常に大きく影響するため、誰にもおよそ当てはまる期間を明言することは難しいです。適性体重から大きく外れた人であるほど初期の体重変化は大きいですし身長によっても変化率は変わってきます。ダイエットの効果を単に体重の数値だけで判断しようとするとこのように効果の実感が難しくなってしまうのです。これは体重が50kgの人にとっての1kgと100kgの人にとっての1kgがまるで違うからです。当然100kgの人が1kg落とすほうが簡単ですぐに結果を得られます。それにウォーキングでは全身の筋肉を使うことになりますが、特に足に負荷がかかります。足の筋肉は人間の中でも大きな割合を占める部位です。これを頻繁に使うことで筋トレ効果をわずかながらも継続していき、筋肉量が増えることも考えられます。そうすると体脂肪が減ったとしても筋肉の分体重変化は見えにくくなるのです。この結果は決して悪いことではないので目標へ近づいていることに変わりはないのですが、見方によって効果がないように思えることもあるでしょう。そのため、何を目的とし、今体はどのような状態になっているのか意識していくことが大切となります。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)