ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

痩せたい人必見!ウォーキング後のケアでダイエット効果がアップ

約 1 分
痩せたい人必見!ウォーキング後のケアでダイエット効果がアップ

ウォーキング後の脂肪燃焼を無駄にしない

ウォーキングは息切れしそうなハードな運動とは違い、
無理せずに自分のペースで楽しみながら行う事がでるスポーツ。
身体の負担も少ないながらも、脂肪燃焼効果が期待できる有酸素運動なので、
毎日続けることにより、ダイエット効果が期待できるのも人気の理由となっています。

有酸素運動は体内の糖質や脂肪を使用し、運動エネルギーを生みだします。
ウォーキングダイエットはハードな有酸素運動では無いので、糖質よりも脂肪が多く使われます。
つまり有酸素運動の中でも脂肪燃焼に効果的な運動なのです。

ウォーキングで効率良く痩せるためには約20分程度のウォーキングが理想的。
気持ち早足で歩幅を大きめに歩くのを3分、ゆっくり歩きを3分繰り返すとさらにダイエット効果が増します。
ウォーキング後というのは脂肪燃焼をしているメラメラ状態。
炭火をイメージしていただくとわかりますが、脂肪燃焼した後、いきなり消えてしまうのではなく、
しばらくの間は燃えている状態で、だんだんと炎が小さくなるように燃焼効果が落ち着いていくのです。
つまり、脂肪燃焼中は苦労なく痩せられる大チャンス!!
このウォーキング後の燃焼効果が落ち着くまでを無駄にせず、持続している間を上手に活用すると
さらにダイエット効果が増すというわけです。

運動後すぐにエアコン全開で体を冷やすことや、冷たいシャワーを浴びてしてしまうのは
脂肪燃焼を一気に消してしまうことになるのでダイエット目的の方にとってはとてももったいない事。
ウォーキング後どのように活用したらダイエット効果をアップさせることが出来るのかご紹介しましょう。

ウォーキング後さらにダイエット効果を高める方法

まずウォーキング後はすぐに汗を拭きましょう。
汗をそのままにしておくと蒸発する時に体温を下げてしまうのでそれを避けるためです。
次にウォーキング後はさらに痩せられることをイメージします。
ウォーキング後の身体はあたたかくメラメラ状態。
この状態はどんどん身体が燃焼中であることをイメージしましょう。
実際にウォーキング後は身体があたたかく、パワー全開を実感している状態なので、
イメージしやすくなっています。
イメージすることによりダイエット中であることの認識を強くし、
楽しくケアすることが出来ます。

ウォーキング後のケアで大切なのはストレッチ。
次の日の疲れを残さないようにするためにも必ずストレッチを行いましょう。
ストレッチを行う前にサウナスーツに着替えると体温が下がるのがゆっくりとなるので
脂肪燃焼が長く続きます。
ストレッチは身体のあたたかいうちにするのが一番。
身体もとても柔らかい状態ですし、脂肪燃焼中なのでダイエットには最適なのです。
10分ほどかけて身体をゆっくりと伸ばし、身体をほぐしましょう。

顔のストレッチも同時に行う事も出来ます。
声を出さなくても「あいうえお」と眼も口も大きく行うと小顔効果もアップします。

ストレッチ後は身体の汚れを落とし、リラックスとダイエットを兼ねるお風呂タイム。
シャワーで済ますのではなく、ぬるめのお風呂でゆっくりと身体をほぐしましょう。
湯船に浸かればさらにカロリーも消費できます。

注意点とまとめ

ウォーキング後というのは、無理なく痩せやすくなっている状態。
このチャンスを見逃さず、上手に活用してダイエット効果をアップさせましょう。

ウォーキング後のストレッチや入浴の際はこまめに水分を補給することが大切。
少量をちょこちょこと摂取するようにしましょう。

ウォーキングだけでもダイエット効果は期待できるので、
ダイエット後のケアは無理をしすぎない事。
疲労度の激しい時はサウナスーツを着ることや長めのお風呂にこだわらないようにし、
軽くストレッチ後は身体をゆっくりと休めましょう。
自分の身体と相談しながら行う事が大切です。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)