ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

誰でも簡単!歩きながら運動でダイエット効果を高めよう!

約 1 分
誰でも簡単!歩きながら運動でダイエット効果を高めよう!

歩きながら色々ストレッチ

特別な道具も必要なく、いつでも気軽にできる有酸素運動と言えばウォーキング。

むりなくはじめられるダイエット方法・健康方法として、
10~20代から70歳以上の高齢者まで幅広い年齢の方に人気となっています。

軽く汗ばむ程度に普通に歩くだけでも、毎日続けることにより中性脂肪を減らす効果や、
血液の循感を良くする効果、新陳代謝が高まり、痩せやすい体質に改善する効果が規定できますが、
姿勢よく歩幅を大きく腕をしっかり振って歩くように意識するだけでさらにダイエット効果が高まります。

さらにウォーキングダイエットの嬉しいところは、
「歩きながら運動」「歩きながらストレッチ」ができること。

歩くことはもちろん全身運動となりますが、時には楽しみも兼ねて、
歩きながら部分痩せ、アンチエイジング効果が期待できる
「歩きながら運動」「歩きながらストレッチ」を行ってみましょう。
ダイエット・アンチエイジング効果がよりアップし、
ウォーキングダイエットがさらに楽しくなること間違えなしです。
ここでは歩きながら無理なく楽しめる方法をいくつかご紹介しましょう。

歩きながら腹筋運動

腹筋のストレッチは大嫌いという方は意外に多く、
毎日やろうと決めても途中で嫌になり、やめてしまうケースは少なくありません。
それは腹筋ストレッチはがきつい」「無理しながらやる」というイメージが強いから。
でもウォーキングダイエットしながらなら,楽しみながらできます。
景色を楽しみある気長腹筋を鍛え、ポッコリお中を解消しましょう。
やり方は難しくありません。
通常に歩き、一休みした後、5分だけ「歩きながら腹筋運動」を行いましょう。
まずは自分がすっきりと余分なお肉のないお腹になったことをイメージ。
歩き始めたらお腹に力を入れ、呼吸に合わせてお腹を凹ます、膨らます、を繰り返すだけ。
コツは「もう少しやりたいな」という5分程度で終わらせること。
毎日この5分間腹筋タイムを続けるだけで腹筋が徐々に鍛えられます。

歩きながら顔ストレッチ

多くの女性の悩みである加齢による顔の老化。
口角の下がり、目じりのしわ、ほうれい線、あごのたるみ、
首のたるみ、口元のしわなどの原因は老化による筋肉の衰えです。
ウォーキングダイエットタイムに顔ストレッチを行い、顔の筋力を高めましょう。
顔ストレッチは老化防止だけでなく、肥満による顔のむくみなどをすっきりさせる効果も期待できます。
顔痩せ、アンチエイジングのための顔ストレッチを歩きながら行えば一石二鳥です。
声を出さなくて良いので、歩きながら口を大きく開けて「あ・い・う・え・お」と動かしましょう。
「う・い・う・い」や目を大きく開けて「ぽ・り・ば・け・つ」なども効果的です。
また、人目を気にせずにできるのが舌先で円を描く様に歯茎をなぞる舌回し運動。
右回し30回・左回し30回くらい行うとほうれい線予防対策になります。

歩きながら二の腕シェイプアップ

二の腕が太くて・・とお悩みの方は実はとても多いです。
一度太ってしまうと痩せにくい部分でもあり、たるみやすい部分でもあります。
夏にタンクトップを気兼ねなく着ることが出来るように、
歩きながら二の腕シェイプアップを始めてみましょう。
ウォーキングの時にまずは腕が細くなることをイメージ。
歩くときは後ろまで腕を引くように振って歩いてみましょう。
二の腕を細くするには、前に大きく振るよりも後ろに大きく引く方が効果的です。
また、歩く途中で手を胸の前で「コの字」に組み、お互いの腕を引きあうように力をいれ、
5秒ほどキープするストレッチや、腕を軽く広げて二の腕を外側や内側にねじる動作も二の腕を刺激し、細くしてくれます。
また、両腕を後ろにして「バイバイ」、次は前に出して「バイバイ」、腕を後ろにして上にあげるストレッチも効果的です。
無理なく楽しみながら、細くなるイメージをして行うのが理想的です。
続けていくうちに自然と自分なりの流れのある「歩きながらストレッチ」ができるようになります。
普通に歩く→顔ストレッチ→腹筋運動→二の腕シェイプなど自分のやりたい順番でお試しください。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)