ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

痩せたい人必見!夜ウォーキングは健康・美容に最適なダイエット その方法は?

約 1 分
痩せたい人必見!夜ウォーキングは健康・美容に最適なダイエット その方法は?

夜ウォーキングを始めたい方は意外と多い

ウォーキングは無理なく楽しめる有酸素運動。
健康・ダイエット・美容効果も期待できると今多くの人から支持されています。
子供からお年寄りまで誰でもすぐに始められ、
朝でも昼でも夜でも好きな時間帯で行う事が出来るのも人気の理由の1つです。
ウォーキングをしたいけど昼間は忙しくて夜しかできない。
仕事や家事など、様々な理由で昼間は忙しくて自分の時間が取れない方は少なくありません。
朝は朝、昼は昼、夜は夜のウォーキングのメリットがあり、それぞれに多少のデメリットがあり、
ベストな方法というのがあります。
今回は夜ウォーキングについて注目!
夜ウォーキングのメリットとデメリット、
健康とダイエットにベストな夜ウォーキングの方法や流れについてお話しましょう。

夜ウォーキングのメリットとデメリット

これから始めようとする夜ウォーキング。
まずはメリットとデメリットについて知っておきましょう。

夜ウォーキングのメリット
・紫外線を強く浴びる心配がない
・一日のストレスを解消し、仕事などで同じ体勢でいたことによる血流の悪さを良くしてくれる
・心を穏やかに、リラックスしながら歩け、自律神経が整えられる。リセットができる
・翌朝快適で気持ちよく起きられる
・夕食のカロリーを減らすことが出来る
・寝ている間の脂肪の蓄積を抑えることが出来る
・ベストなタイミングで行えば気持ちよくぐっすりと眠ることが出来る
・生活習慣をあまり変えずことなく続けられる
・涼しくて快適に歩くことが出来る

夜ウォーキングのデメリット
・ウォーキング後は脳が活発になってしまうので、すぐに寝ると、
寝つきが悪い(寝る2時間前に行うのが理想)
・視界が悪いため危険度が高い
・自然の景色を楽しめない
夜ウォーキングは良いことも沢山あれば、ひとりで行うと街灯が少なく、危険な場合があり、注意が必要です。
明るい場所を選ぶ、誰かと一緒に歩くなど、安全性を良く考えてから行いましょう。

 夜ウォーキングのベストな方法・流れとは

健康・ダイエットを考えて最良の方法で夜ウォーキングをするのであれば、
次のような手順でウォーキングを行うのがおすすめです。
まずは夕食後1時間以上経過し、良く消化をしてからウォーキングを開始しましょう。
夕食を食べた後に運動をすることは脂肪の蓄積を防ぎ、
カロリーを消費しやすいのでダイエットには最適と言えます。
理想的なのは眠る約2時間前に行うのがベスト。
有酸素運動を終えた直後というのは脳が活発化し、元気になるので寝つきが悪くなってしまいます。
2時間後であれば心地よい疲れとともに、眠気が自然とやってきてぐっすりと眠ることが出来ます。
歩く前は軽く準備運動をして体をほぐしましょう。
姿勢を良くし、胸で前を見るイメージでウォーキングスタート。
ダイエットのためにおすすめの歩き方は歩幅を大きめに早足を3分、
その後ゆっくり歩くのを3分、これを繰り返します。
ウォーキングは無理をせず、気持ちよく汗ばむ程度で終わらせましょう。
長く楽しく続けるためには疲れすぎ、無理のし過ぎは禁物です。

ウォーキングを終えたら、次にお風呂がおすすめです。
熱すぎない湯船にゆっくりと浸かり、疲れをほぐしましょう。
半身浴で長めに入ればさらにカロリーを効率良く消費することが出来ます。

お風呂から出た後は楽しく音楽を聴いたりしながら軽くストレッチを行いましょう。
ウォーキングをし、お風呂に入った後は身体がとても柔らかい状態なので
気持ちよく身体が動き、快適にストレッチを行う事が出来ます。
ストレッチを終えるころには身体がリラックスし、自然に眠気が襲ってきます。

夕食1時間後ウォーキングをし、お風呂に入り、ストレッチする流れなら
ストレスを解消し、カロリーも効率よく消費し、一日を気持ちよく終え、ぐっすりと就寝することが出来ます。
それにより朝の目覚めも快適。一日を気持ちよくスタートすることが出来ます。
是非お試しになってみてください。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)