ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

ウォーミングアップとクールダウンはとても重要!その効果と方法は?

約 1 分
ウォーミングアップとクールダウンはとても重要!その効果と方法は?

運動をする前のウォーミングアップ、運動後のクールダウン、この2つにはとても重要な意味があるんです。面倒だから…と省いたりしていませんか?運動のパフォーマンスを上げるためにも、そして怪我や故障を予防するためにも、ウォーミングアップとクールダウンを行う習慣をつけましょう。

ウォーミングアップの効果

◇固まっている筋肉をほぐし、血液の循環を促します

運動を始める前は、まだ筋肉が凝り固まっています。この状態で急に運動を始めてしまうと怪我や故障の原因に。筋肉や関節周りをしっかり温めて上げることで、身体への衝撃に耐えれる準備が整います。

◇運動時のパフォーマンスを上げてくれます

筋肉をほぐしたり、関節などの可動域を広げておくことで、運動時にスムーズに身体を動かすことができます。その結果、動きの質も向上し様々な効果に影響してきます。

ウォーミングアップの方法

筋肉を温めてほぐし、関節の可動域を広げることが大切です。

◇ストレッチをする

屈伸運動や前屈、ふくらはぎ伸ばしなどのストレッチを行います。ゆっくりと無理のない程度に身体をほぐしていきましょう。

◇ラジオ体操をする

いろいろな要素が組み込まれたラジオ体操はウォーミングアップの定番です。時間に余裕があるときなどにやるとよいですね。

◇ゆったりしたペースで歩く

時々ゆっくりと深呼吸をしながら力を抜いて、ゆったりとしたペースで歩きます。少しずつ体が温まって、筋肉がほぐれていく感じがわかるとおもいます。

クールダウンの効果

◇温まった身体を徐々に冷却して、疲労を軽減させてくれます

運動で温まった身体を冷却して、状態を戻していきます。筋肉や関節に溜まった疲労を取り除く重要な役割を果たしてくれます。

◇怪我や故障の予防効果があります

クールダウンによって疲労物質を取り除き、次へのパフォーマンスへ繋げてくれます。それにより、怪我や故障の予防効果が高まります。

クールダウンの方法

身体の状態を戻して、疲労を取り除くことが目的です。

◇運動強度をどんどん下げていく

たとえばウォーキングの場合なら、少しずつペースを落としていき、リラックスした状態にしていきます。心拍数を下げていくようにすることが大切です。ゆっくりと歩きながら深呼吸を繰り返しましょう。

◇ストレッチをする

運動をして疲労が溜まった筋肉をほぐしてあげましょう。反動はつけずに、ゆっくりと身体を伸ばしていきます。

また、クールダウンのほかにもアイシングすることをおすすめします。傷ついた筋肉の炎症を抑えたり、筋肉痛の軽減に役立ちます。特にハードな運動の後は、アイシングすることで疲労回復も早まります。また、入浴時のマッサージも効果的です。

まとめ

運動のパフォーマンスを上げて、疲労を軽減してくれるウォーミングアップとクールダウン。運動時には欠かせません。やるとやらないとでは身体への負担がまったく違ってきますので、忘れずに行うようにしましょう。

・運動前と運動後にはストレッチ

・筋肉をほぐし血流を良くする

・怪我や故障の防止

・運動パフォーマンスの向上

しっかりウォーミングアップ、クールダウンすることでより運動効果を上げていきましょう。面倒でも忘れずに行って効率よくダイエットしましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)