ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

今日から実践!健康的に美しく痩せる正しい歩き方とは?

約 1 分
今日から実践!健康的に美しく痩せる正しい歩き方とは?

正しく歩くと健康的に痩せられる

歩くというのは全身運動であり、どの年代の方にもおすすめできる健康方法でもあります。
健康的に痩せたいという人にとっても歩くことはとても大切です。
どうせ歩くのであれば効率よく痩せる歩き方をしたいもの。
歩き方を変えるだけで痩せやすくなるとしたらすぐに実践したいですよね。

痩せるためには規則正しい生活やバランスの良い食事なども重要ですが、
正しく痩せやすい歩き方を意識し、実行することで足全体がすっきりと細くなり、
身体の代謝率を上げ、外側からも内側からも痩せやすくすることが可能です。
ここでは今日から実践できる痩せる歩き方をご紹介しましょう。

まずは悪い(痩せない)歩き方を知ろう。

あなたは今どんな歩き方をしていますか?と言われると、
ほとんどの方はとっさに応えることはできません。
それは歩くという動作は当たり前すぎて意識していないものだから。
しかし、正しい歩き方があるように、身体に負担がかかる歩き方や、
痩せづらい歩き方というのがあります。
自分の歩き方をまず知るということは大切な事。
家族や知人に自分の歩き方を動画で撮影してもらい確認するか、
どんな歩き方なのかを聞いてみるとよいでしょう。

一番悪い歩き方の特徴は猫背で歩くこと。
背中を丸めてうつむき加減で歩くのは、見た目に良くないだけでなく、
身体の内臓にも負担がかかってしまうことになります。
内臓に負担がかかってしまうと、筋肉に負担がかかり、血流も悪くなります。
そうなると身体に毒素が溜まりやすくなり、リンパの流れが悪くなるばかりか、
代謝率が下がり、燃焼しにくい、便秘しやすく太りやすい体質となってしまうのです。
下半身も全身も太りやすくなってしまうので注意をしましょう。
また、このような間違った歩き方は膝や腰を痛める原因となり、
疲れやすいので歩く事が楽しめず、長続きしません。

正しい痩せやすい歩き方とは

正しい痩せやすい歩き方とは姿勢を良くし、まっすぐ歩くこと。
姿勢を良くする簡単な方法は

胸で前を見るイメージをする

頭のてっぺんから引っ張られているイメージする。

このどちらかの方法で姿勢を正してみましょう。
目線が高くなり、驚くほど姿勢が良くなります。
そして、歩くときは足で歩くというよりも骨盤で歩くイメージでまっすぐ歩いてみましょう。

一番大切なのは着地する時です。
踵から着地するのが理想的という方も多いですがこれは特殊な疲れやすい歩き方。
無理なく歩くためには膝をあげてフラットに(平らに)着地しましょう。
そして全身をリラックさせて手は自然に動かしましょう。
まっすぐ快適に歩くためには15メートルほど先の地面を見るのがおすすめです。
姿勢の良さもキープできます。正しい姿勢で快適に歩くことにより、
内臓が正常に働くようになり、便秘も解消。
リンパの流れや血流も良くなり、新陳代謝が良くなるので、燃焼しやすい身体に変化していきます。

よりダイエット効果を高めるためには

痩せる歩き方は、はっきり言うとすぐに結果が出るわけではありません。
急激にダイエット効果を期待するのはまずやめること。
プレッシャーをかけて無理をすることは結局続かなく、途中で挫折してしまいます。
また、過激ややり方ですと、足に負担を掛け、痛める危険性もあります。
気負うことなく、健康維持を優先し、楽しく続けることを目標にすれば長続きをし、
結果思ったよりも早くダイエット効果が出ることが多いです。
歩くことはサプリメントと同じく、気長に無理なく続けることが一番。
歩く距離も最初から長くせず、身体が温かくなり、軽く汗ばんできた程度でやめましょう。
気持ちよく歩けたなという達成感と快適さを味わえる程度が理想的です。
これが日課となれば占めたもの。
慣れてくれば自然と距離も長くなり、楽しさも増してきます。
毎日歩かないと気持ちが悪いという風になれば
健康的な身体づくりと理想的な体系はもうあなたのものです。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)