ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

基礎代謝を上げると痩せる?有酸素運動がダイエットに良いといわれるわけは?

約 1 分
基礎代謝を上げると痩せる?有酸素運動がダイエットに良いといわれるわけは?

ダイエットに効果的な運動で、真っ先に思い浮かぶのはやはり有酸素運動ではないでしょうか。有酸素運動がダイエットにいい!というのは頭ではわかっていても、有酸素運動のことについて実はあまり詳しくわからない方も多いはず。有酸素運動とはなにか?なぜダイエットには有酸素運動がおすすめなのか、ご紹介します。

有酸素運動ってなに?

体内に取り込んだ酸素をエネルギー源にして、脂肪や糖質を燃焼させることを有酸素運動といいます。軽度から中度の負荷で、長時間の運動ができるのが特徴です。主な有酸素運動には、ウォーキング・ジョギング・水泳・エアロバイクなどがあります。深い呼吸によりたくさんの酸素を体内に取り込み、ゆっくりと脂肪を燃焼させていく運動です。有酸素運動とは逆に、無酸素運動もあります。一見すると酸素を必要としない運動のように思えますがそうではありません。筋肉に蓄積されている糖質をエネルギー源に脂肪を燃やす運動が無酸素運動です。酸素をエネルギーにするか、筋肉内の糖質をエネルギーにするか、といった違いになります。同じ運動であって強度によって有酸素運動になったり無酸素運動になったりします。たとえばジョギングの場合、ゆったりしたペースで行えば有酸素運動、息が切れるほど速いペースで行えば無酸素運動になるのです。

有酸素運動のメリットにはどんなものがあるの?

・基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効果の向上

有酸素運動には基礎代謝を上げる効果があります。代謝が上がれば脂肪も燃焼されやすくなるのでダイエットに適していると言えます。

・心肺機能の向上

心臓の筋肉を鍛えることができ、心拍数を上げることなくたくさんの酸素を取り入れることができるようになります。

・自律神経を整えてくれる

交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれるので、リラックス効果が期待できます。

・脳の機能を整えてくれる

血行がよくなることで、たくさんの酸素と栄養が脳へ送られるようになり脳が活性化されます。

・血糖値がさがる

有酸素運動をするとまず始めに、血液に含まれている糖質を使うので血糖値を下げる作用があります。これにより、糖尿病の予防や改善につながります。

有酸素運動によるダイエット効果は?

運動を始めるとまず最初に血液中の糖質がエネルギーとして使われます。その後に筋肉に蓄積されている糖分が燃焼されます。よって、脂肪が燃え始めるのは3番目ということになります。一番燃焼させたい脂肪は最後になってしまうんですね。これじゃあなかなか脂肪は燃えないのでは…と思ってしまいます。でも心配しないでくださいね。酸素をエネルギー源にして燃える脂肪は、有酸素運動をすることでその燃焼効果が上がります。有酸素運動がダイエットによいとされるのは、このことからなんです。脂肪減らすための運動してもっとも効果的なのが有酸素運動ということになります。

まとめ

有酸素運動のポイントとしては、息が切れずにうっすらと汗をかく程度の運動です。このくらいなら長い時間でも続けられるなと思えるくらいの負荷ですね。これを超えて無酸素運動になってしまうと脂肪燃焼によるダイエット効果は減ってしまうので気をつけてくださいね。有酸素運動でうまく脂肪を燃焼させて、美ボディを目指しましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)