ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

ダイエットに最適!水中ウォーキングの基礎知識

約 1 分
ダイエットに最適!水中ウォーキングの基礎知識

ダイエットに効果のある有酸素運動といえば、ウォーキング・ジョギング・水泳などいろいろありますが、中でもおすすめしたいのが水中ウォーキングです。誰でも手軽に始めることができる水中ウォーキングの基礎知識をご紹介します。

水中ウォーキングってどんなことするの?

水中ウォーキング、その名の通り水中でのウォーキングです。プールの中を泳ぐのではなく歩くということですね。身体に負担が少なく、誰でも簡単に始めることができます。それでいて運動量が多いのでダイエットには最適なんです。全身をくまなく使う水中ウォーキングは年齢を問わず人気の有酸素運動です。

基本的には陸上を歩く時と同じです。歩く時は姿勢を伸ばしましょう。かかとから着地し、つま先で蹴り上げるイメージ。足裏全体をしっかりとプールの底につけて歩くことがポイントです。大股で歩くことで負荷も上がり、より効果が期待できます。慣れてきたら後ろ向きに歩くことで、使われる筋肉も変わってくるので試してみるといいでしょう。

水中ウォーキングのメリットって?

水中ウォーキングで期待できる効果にはどのようなものがあるのでしょうか。

・脂肪燃焼

体温よりも低い水温の中で運動することで、冷えた体を温めようと体内で熱が発生します。これにより基礎代謝が上がり脂肪燃焼に効果がでます。

・足腰への負担が少ない

水中では浮力があるため、陸上でのウォーキングに比べて足腰への負担がとても少ないのが特徴です。身体への負荷が少ない分、足や膝の痛みも出にくくなります。

・筋肉へ負荷がかけられる

足腰や関節への負担は少ないけれど、筋肉へはしっかり負荷がかかります。そのため、引き締まった身体を手に入れることができます。全身をまんべんなく鍛えられるので綺麗に筋肉がつきます。

水中ウォーキングにはデメリットもあるの?

いいこといっぱいの水中ウォーキング。デメリットはあまりないんです。ただプールを利用するため、費用がかかることと、施設まで移動するのに手間がかかるといったことでしょうか。大きなデメリットがないというのは嬉しいことですね。

ダイエットに効果がでるにはどれくらい歩いたらいいの?

水中ウォーキングではどの程度カロリー消費できるのか、気になりますよね。1時間の水中ウォーキングを行なった場合、およそ360kcal消費できるといわれています。陸上でのウォーキングは1時間で150kcal程度なので、なんと水中の方が倍以上のカロリーを消費できるんです。脂肪が燃焼されるまでには20分ほどかかるといわれているので、できれば1時間を目安にウォーキングするのがおすすめ。慣れるまでは30分くらいから始めたらいいでしょう。

また、週に2回ほどのトレーニングで効果は十分に期待できます。早ければ2〜3週間くらいで効果を実感できる方もいるほど即効性があります。水の抵抗を受けながら全身をくまなく使うのでそれだけ効果も高いんですね。

水の高さによっても効果は違ってきます。腰くらいの高さで行うよりは、肩の位置まですっぽり水に浸かった方がより効果は上がります。なるべく深い水位のプールで行いましょう。とはいえ、溺れないように気をつけてくださいね。

まとめ

膝への負担も少なく、運動経験がなくてもできる水中ウォーキングはダイエットにとてもおすすめです。思っているよりも体力を使いますし、どんどん身体が引き締まっていくのを確認できますよ。ただ、運動の後はお腹が空いてしまいますので食べ過ぎには注意してくださいね。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)